その刺すダニの発生源はタンスや収納かも!なぜ繁殖しやすいのか?

その刺すダニの発生源はタンスや収納かも!なぜ繁殖しやすいのか?

 

タンスから久しぶりに出して着たシャツ。 なんかかゆいなと思ったら、ダニに刺されていた。そんな経験はありませんか? ダニは、リビングや寝室など、いたるところに潜んでいます。 布団だけではありません。タンスや収納にも大発生します。いったいなぜなのでしょうか?

 

 

【ダニが繁殖しやすい環境とは】

まず、高温多湿であること。 湿度が60%以上、気温が25〜30度が、ダニの好む環境とされています。 乾燥に弱く、低湿度では生息できません。 布団やカーペット、畳、カーテン、布製品に住み着きます。 そして、食べカスや、フケ、垢、カビなどが、ダニの餌になります。 これらがすべてそろった場所は、ダニが繁殖しやすいと言えます。

 

 

【タンスや収納にダニがいる理由】

タンスや収納は、何かを取り出す時以外は扉を閉めておきます。 ほとんど開けることが無かったり、目一杯詰め込んで隙間が無いタンスや収納は、風通しが悪くなり、ジメジメし湿気がこもりがちに。 そして、中に入っている布製品に皮脂が残っていたり、カビが生えていたりすると、ダニにとって非常に住み心地の良い環境がそろってしまうのです。

 

 

【ダニを繁殖させないための対策】

ダニを進入させないことと、ダニが住みにくい環境にすることが重要です。 布団や衣類などは、清潔にして乾燥させてから収納するようにします。 そして、タンスや収納内部を、乾燥した状態に保つことを心がけましょう。 収納は詰め込みすぎず、時々開けて空気の入れ替えをしたり、除湿グッズを使って、 湿気がこもらないように工夫するのも良いですね。