その食品にはダニがいるかも!ダニが好む食品と予防方法!

その食品にはダニがいるかも!ダニが好む食品と予防方法!

 

掃除して綺麗にしている台所にも意外と潜んでいるのがダニなのです。ダニは、0.3ミリと非常に小さいため人の目には分からないうちに食品の中に入り込んでいることがあるのです。そこで、食品にダニが発生しやすい環境や予防法をご紹介したいと思います。

 

 

【ダニが発生しやすい食品】

粉類です。小麦粉や香辛料、粉末ダシなど開封した袋を密閉せず常温で数ヶ月も保管していると危険です。隙間からダニが入り込みます。粉類は添加物であるアミノ酸類がダニのエサになっていることが多いのです。

 

 

【ダニの予防法】

まずは、密閉容器に入れ替え冷蔵庫で保管しましょう。袋を折り曲げてクリップや輪ゴムをするのでは隙間ができます。ダニは、湿度が高い場所を好むので湿度が低い冷蔵庫で保管しましょう。その際に容器の中に乾燥剤を入れると効果的です。また、部屋の掃除をすることで、食品に入り込むダニを減らせるので、1週間に2回床掃除をすることでダニを減らすことができます。

 

 

【まとめ】

ダニが混入していると知らずにダニが潜んでいる食品を口にすると喘息やじんましん、くしゃみや目の腫れなどのアレルギー症状が起こる可能性があります。重篤な場合は、全身の紅斑や蕁麻疹、呼吸困難、意識低下など命に関わる症状を起こすアナフィラキシーショックを起こすこともあります。このような事態を招かないためにも日頃からのダニ予防がとても重要なのです。