ハウスダストアレルギーはどうやって対処していけば良い?

ハウスダストアレルギーはどうやって対処していけば良い?

 

朝夕の鼻水、くしゃみなどや、鼻閉による夜間の口呼吸、口の渇きによる不眠なども起こるその原因となるハウスダストによるアレルギー。他にもそのハウスダストの症状として、就寝時、夜明け頃、起床時に咳、喘鳴、呼吸苦などが同時に出現するケースなどもあり、厄介な事が多いです。その原因の元となるのがダニ。ではそのダニが原因で発生するハウスダストアレルギーにはどの様に対処して治していけば良いのでしょうか。 

 

 

【ダニの繁殖しづらい環境つくり】

当然、ダニが発生しづらければアレルギーも発生しません。その意味でも、床はフローリングが良いでしょうし、出来る限りカーペットや絨毯は敷かない方がいいでしょう。また、ソファーでしたら、布製ではなく、革張りやビニール張りが好ましいでしょう。

 

寝具についても、布団ではなくベッドの方がダニは発生しづらいですし、また、ベッドカバーや掛布団カバー、枕カバーも防ダニ素材のものを使うと良いでしょう。そして、可能であれば、空気清浄器を使い、24時間作動させる事で、空中に舞っているダニも排除できます。そして、盲点は窓際。カーテンよりもロールブラインドにする事でもダニは排除できます。 

 

 

【食生活によるアレルギー対策】

一般的に、過食気味で、甘いのが好き、炭酸飲料も好きという人はアレルギーを発症しやすいと言われます。また、外で運動をあまりしない、比較的肥満気味タイプではもっとアレルギーになりやすくなります。体を鍛えたり、紫外線を浴びたりすることと共に、食生活の改善でアレルギーは治ります。 

 

 

【まとめ】

生活環境と食生活の改善で少しでもアレルギーを治す事はできます。日々の努力を怠る事なく、健康的な生活をしたいですね。