食品のダニ対策を乾燥剤(シリガゲル)でする時の良い点と悪い点!

食品のダニ対策を乾燥剤(シリガゲル)でする時の良い点と悪い点!

 

乾燥剤(シリカゲル)で食品のダニ対策をするメリットは乾燥を嫌がるダニには効果があります。乾燥剤のシリカゲルはお菓子などに入っている乾燥剤です。その乾燥剤を再利用することで、無駄なく予防できます。

 

乾燥を嫌うダニは、湿度が50パーセントになると弱り、湿度40パーセント以下になると死にます。この特性から乾燥剤は非常に効果があります。密閉した容器の中に乾燥剤を入れるのが良いでしょう。

 

 

【乾燥剤(シリカゲル)で食品のダニ対策のデメリット】

乾燥剤は非常にダニ対策には良いですが、デメリットがあります。それは乾燥剤(シリカゲル)には寿命があります。だいたい約半年と言われています。寿命があるため、お菓子などに入っている乾燥剤は場合によっては、効果がほとんどなくなっている場合があるので、そこそこ時間が経っているものは使わない方が良いです。

 

また、乾燥剤は通販などで、新品を購入することができますが、乾燥剤をわざわざ購入するのであれば、ダニよけシリカという商品があり、普通の乾燥剤を購入するより、専門の商品を購入する方が良いです。

 

乾燥剤は基本的にはダニに効果的ですが、乾燥剤の寿命があるので、ある程度しっかり管理しないとせっかく対策したのにダニが繁殖してしまったということになりかねません。一定期間で乾燥剤を変えていくことをお勧めします。