チリダニの基礎!いつ発生する?予防する為に必要なこととは?

チリダニの基礎!いつ発生する?予防する為に必要なこととは?

 

チリダニは、私達が生活する環境下ほぼ全ての場所に存在しています。チリダニの死骸や老廃物などがハウスダストとなり、アレルギーを発生させる原因にもなります。このチリダニについての特徴と対策について説明したいと思います。

 

 

【チリダニが発生しやすい時期や環境】

一般的にチリダニが大量に発生しやすい時期は6〜9月の夏場で、これはチリダニが温度25度以上、湿度60%以上で活動的になることに起因しています。また、人間とチリダニの好む生活環境が一致しているので、人間の行動範囲にチリダニは数多く発生します。チリダニが主食としているエサは、私達人間のフケやアカ、剥がれた皮膚などになります。加えて人間の食べこぼし等にもチリダニは好んで集まってきます。

 

そのため、人間が長い時間を過ごす布団やソファー等は、チリダニに取って最高の生活環境と言えます。特に布団は、人間が長時間滞在することにより、体温による温度と、寝ているときにかく汗による湿度、古くなった皮膚やフケなどの食料が安定的に供給されるので、家の中でも特に繁殖しやすい場所と言えます。

 

 

【チリダニを予防する方法】

チリダニを予防するのには、まず高温多湿を避ける環境作りが大切になってきます。温度20度以下、湿度50%以下の環境を作り出すことで、チリダニの繁殖を抑制することができます。夏場などは難しいかもしれませんが、押し入れや収納、タンスに乾燥剤を入れたり、部屋の換気を頻繁に行ったりすることで、チリダニが繁殖しにくい環境を作れます。

 

特にチリダニの温床となっている布団は、掃除機を時間をかけて入念にかけたり、天気の良い日に外に干したりすることで、チリダニを駆除できます。また、部屋の掃除もこまめに行うことが大切になってきます。チリダニのエサとなる人間のフケやアカ、食べこぼし等を無くすことが重要です。