ダニ刺され 大人 子供

大人と子供!ダニ刺されの被害が大きいのはどっち?

 

【大人と子供どっちがダニに刺されやすいのか】

ダニに刺されやすい特徴として、肌が柔らかい人だと言われています。肌が柔らかい人を好んで刺すので、大人よりも子供の方が刺されやすいと言えます。

 

 

【なぜ子供はダニに刺されやすいのか】

子供はダニに刺されたときの反応が大きくなる傾向があり、かきむしってとびひになってしまうことがあります。一般的に販売されている塗り薬を塗っても効果が薄いので、跡が残らないようにするためにも必ず皮膚科に行って診断を受けることが先決となります。子供は大人に比べて体温が高いこともあり、汗をかくことも多いので、ダニが好む要素満載なのでターゲットになりやすいです。子供は免疫力も不十分で、よく刺されてしまい、跡が目立ちます。

 

 

【子供がダニに刺されてしまうと】

大人に比べて刺されたところが目立ちやすく、特に目の周りや耳の周り、足首が大きく腫れることが多いと言われています。もし刺されてしまったら、患部を清潔にし、流水で洗って、ガーゼなどで優しく拭きます。初めて刺された場合はダニかどうか判断が難しいので、市販薬を使う前に皮膚科の受診をお勧めします。

 

よって、大人より子供の方が皮膚が柔らかくて、体温が高く汗をかきやすいことから刺されやすいことが分かります。ダニは高温多な環境を好むので体温が高く汗をかきやすい子供の肌はダニにとって恰好のターゲットとなってしまうのです。