ダニ刺され ステロイド

ダニ刺されへのステロイド使用は何故危険って言われるの?

 

【ダニ刺されにステロイドは危険なものなのか?】

結論から言うと、ダニ刺されのような強い痒みが生じた場合にはステロイドは有効だと言われています。必要なときに必要な用量を守れば、ダニ刺されに効果を発揮してくれます。むしろ、ステロイドで痒みを抑えて、?かないことが肌にとって大切なことであり、肌を守ることにつながるのです。

 

 

【ダニに刺された場合のステロイドの正しい使い方とは】

ダニに刺された場合は医師の診察を受けること望ましいですが、病院に行く時間がなく、今すぐ薬を使う必要がある場合は、第二類医薬品と明記されているステロイド軟膏を使用します。

 

 

患部をかきむしってしまうと皮膚に傷ができて、そこからばい菌が入って炎症を起こしてしまうので、応急処置としてステロイド入りの軟膏を塗って痒みを抑えることが大切なのです。その使い方にはポイントがあり、まず症状が出たらすぐに使うことです。また、長時間の利用、症状がある場所以外には使用しないこと、症状が良くなったら使用を中止することもステロイドを正しく使うために守るべきポイントと言えます。

 

 

ステロイド軟膏は1週間程度の使用であれば副作用などの危険性は限りなく低いです。ダニに刺されてしまった場合の応急処置としてステロイドを使用するのは痒みを抑えてくれる効果があるので、必要な分だけ使用することさえ守れば、ダニ刺されによる痒みに効果的に働いてくれることが言えます。