ノミ 刺され 対処

ノミに刺された場合の対処法と刺されない為の対策!

ノミ刺され

 

虫に刺されていると気付いた時に、刺した虫がなんの虫かによって、その対処法が異なります。

 

ノミだと判断しやすい特徴としては、まず足、特に膝下を中心に刺されているということがあげられます。ノミには羽がないため、高い位置まで飛んでいくことができません。そのため蚊のように腕や顔と、高い部分にまで症状が出ることはないのです。地面から20セントメートルほどしか飛ぶことができないので、膝下を中心に症状が出ている場合にはノミである可能性が高いでしょう。

 

そして斑点が連続してあらわれるという特徴もあります。地面から人間の足に飛び移り、吸血した後に、ピョンピョン飛び跳ねて吸血を繰り返します。そのため噛み跡が近い箇所にいくつもできるという特徴もあります。
そして何といっても我慢できないほどのかゆみです。薬を塗れば多少我慢できる蚊と違い、猛烈なかゆみに悩まされるのです。

 

 

ノミに刺された時の対処法

それではノミに刺された場合の対処法としては、どのようなことが正しいのでしょうか。
ノミによるかゆみは尋常ではないかゆみであるため、普段使用しているかゆみ止めでは効果はないでしょう。

 

一番の対処法は皮膚科を受診することです。皮膚科では、その症状がノミによるものなのかという判断はもちろんのこと、かゆみを抑える塗り薬や、場合によっては飲み薬を処方してもらえます。

 

病院があいていない曜日や夜間に刺されてしまった場合には、薬剤師のいるドラッグストアや薬局に行き、薬剤師に相談してみましょう。ノミに刺されたことを告げれば、強いかゆみに効果のある薬を出してくれるはずです。

 

また患部を十分に冷やすことも効果があります。保冷剤や氷と水をビニール袋に入れたものなどを患部に当てておくと、応急処置として、かゆみを和らげることができます。

 

 

ノミに刺されない為の対策

まず一つ目に体や衣服を清潔に保つことがあげられます。毎日シャワーを浴びたりお風呂に入り、きれいに頭や体を洗いましょう。洋服も一度着たら洗濯し、特に暑い時期は発生しやすい時期でもあるので、洗濯物をためこまずにこまめに洗うことを心掛けます。ペットがいる家庭は特に注意が必要です。ペット用に使用している敷物や毛布なども、こまめに洗濯する必要があります。

 

そして毎日掃除機をかけましょう。高級な高性能な掃除機でなくても大丈夫です。普段からしっかりと掃除機をかけることで、カーペットや畳に付着している卵やさなぎ、成虫も吸い取ることができます。そして寝具類も午前中の太陽が出ている時間帯にしっかりと干すようにしましょう。